英語が話せない人でも日本語教師になれる?必要な英語力レベルを状況別に解説します【海外の事例もあわせて解説】     

日本語教師とは、主に外国人に対して日本語を教える職業です。どうやって外国人に日本語を教えるの?英語を使って教えなければいけないの?と思った方もいるかと思います。

 

また、英語を話せないから日本語教師にはなれないと諦めている方もいるかもしれません。はたして、日本語教師には英語力が必要なのでしょうか?

 

今回の記事では、海外で日本語教師をしている私が、日本語教師の立場から、英語が話せない人でも日本語教師になれるのかを解説します。合わせて、必要な英語力レベルについても状況別に解説します。

日本語教師資格を取るのに英語力は必要か?

結論から申し上げますと、あったほうが良いです。では、どういった時に英語力が役に立つのでしょうか?役に立つケースを2点ご紹介します。

担当する授業が初級クラスの場合

日本語の授業には、直説法と間接法という2種類の授業方法があります。直説法とは、全ての授業を日本語で行う方法です。一方、間接法は外国語を介して日本語を教える方法です。

 

日本語の基礎文法を教える初級のクラスでは間接法が役に立ちます。英語を介して日本語を教えるため、直説法に比べて生徒が文法を誤って解釈することがないのです。

 

日本語教師として勤務するのであれば、全ての生徒のレベルに合った授業ができることを求められます。初級のクラスを担当する際は、英語力が役に立つのです。

生徒からの質問等に対応する時

生徒がまだ日本語を話せないレベルのときは、生徒からの質問に答えられるように英語を話せたほうが良いです。また、日本語教師は生徒の生活をサポートする役割も担っています。

 

彼らからの悩み相談を受ける場合もあるでしょう。そんな際に、生徒とコミュニケーションをとる手段として英語が必要になる場合があるのです。

日本国内で日本語教師として働く場合にも英語力は必要か?必要ならどれくらいのレベルが必要か?

前述のとおり、あったほうがいいです。しかし、国内にいる外国人は出身地が多様ですので、英語が通じない方も多いです。その方に対応するために、日本の学校では初級から直説法を用いて授業をしてるところが多いです。

 

直説法を使用するのであれば、英語力は必要ありません。ただし、生徒からの質問等に対応する際には、英語が話せたほうが良いでしょう。

海外の日本語教師の求人に応募できる英語力レベル(履歴書・面接など)

英語力が高ければ高いほど、求人に応募はできるでしょう。しかし、実際には日常会話ができるレベルにあれば十分だと考えます。

 

私が勤務している日本語学校では、文法や基礎の会話については、日本語を話せる現地の方が教えています。私は、日本語をある程度は話せる中級・上級のクラスを受け持っています。授業では日本語以外使いません。

 

もちろん語学学校や担当するクラスによりますが、必ずしも英語が必要ではないと考えて良いです。ただし、生徒のサポート等で英語を使用することは多くありますので、日常会話レベルの英語を身につけていれば十分だと考えます。

海外の国で、日本語を英語で教えることはあるか?

少ないですがあります。私が勤務している日本語学校では、現地のスタッフが初級の授業を行っています。それゆえ、日本人スタッフが担当するのは、ある程度高いレベルの日本語の授業です。

 

しかし、現地スタッフの都合等で現地スタッフが受け持っているクラスを代わりに受け持つこともあります。その際には、英語を使用して授業を行いました。

海外ボランティアで日本語教師をする際に必要な英語力

海外の教育機関によって求められるレベルは様々ですが、日常会話レベルの英語力があれば問題ないと考えます。

 

例としてJICAを見てみましょう。JICAの一般案件で求められる英語レベルは、日常会話レベル以上です。具体的な数字で言うと、TOEICで330点以上となっています。990点中の330点以上ですので、難しいレベルではないと思います。

英語圏でない海外の国で日本語教師として働くのに必要な英語力

英語圏ではない国でも、英語教育は進んでいる国は多いです。私が暮らしているジョージアでは、小学生や中学生の子供達もある程度英語を話すことができます。

 

海外では、直説法・関節法の両方を用いて日本語を教える場合があります。それゆえ、日常会話レベル以上の英語力が求められると思います。

英語圏で日本語教師として働くのに必要な英語力

英語圏の国でもかわりません。日常会話レベル以上の英語力が求められます。

まとめ

以上が日本語教師が必要な英語力になります。しかし、日本語教師として一番重要なのは英語力ではなく、日本語力です。英語は日本語を教えるための手段に過ぎません。

 

日本語教師は、その名のとおり日本語を教える仕事です。日本語を教えられるレベルに無ければ、日本語教師として活躍できません。

日本語教師を目指す人は、英語よりも日本語力を磨きましょう。

以下の記事では、ヨーロッパとアジアの境にある国「ジョージア国」で日本語教師として働く私が、海外で日本語教師として働く方法について実体験を書いています。海外で働いてみたいとお考えならば一度読んでみて損はないかもしれません。

関連記事

国内で日本語教師の需要は高まっていますが、海外でも日本語の需要はあります。 日本語教師を目指している方や、既に日本語教師として勤務されている方の中には、海外で勤務してみたいと考えている方もいるのではないでしょうか?[…]

IMG