非常勤で働く日本語教師の収入(給料賃金・平均年収)まとめ

日本に長期で滞在している外国人の数が増加している昨今、日本語教師を目指したいという方もいると思います。日本語教師として働く際の給料は非常に気になりますよね。

 

今回の記事では、現役日本語教師の私が、非常勤で働く日本語教師の収入(給料・平均年収)についてまとめます。

常勤・非常勤の年収の違いについて

国内外を問わず、非常勤講師は授業のコマ数や時間単位で給与が計算されます。また、常勤に比べて労働時間は少ないため、年収は低くなります。

非常勤の日本語教師の給料:年収180万円

日本国内で働く日本語教師の平均年収は、非常勤で180万円です。

つまり、平均月収は15万円程度と言えます。

常勤の専任講師の場合:年収300万円

日本国内で働く常勤の日本語教師の平均年収は300万円です。

ボーナス2ヶ月分と考えると、平均月収は22~23万円程度と言えます。

日本語教師の現状

国内の日本語学習者の大半は、アジア諸国出身の方々になります。彼らは日本よりも賃金が低いところからきていますので、学費なども彼らが支払える水準に合わせなければなりません。

学校の収入が少なければ、固定費がかかる専任の教員を多く雇用できません。その結果、固定費の低い非常勤講師の数が多くなってしまうのが国内の現状です。

この理由から、専任教員にならない限り待遇面には期待できない問題があります。しかし、専任教師でさえも待遇には期待できません。

収入を上げるには

現在日本語教師の大半がボランティアと、非常勤講師です。まずは非常勤講師として勤務しながら経験を積み、専任教師になることができれば年収は上がります。

まとめ

以上が非常勤の日本語教師の給与になります。非常勤で日本語教師として働く場合の年収は他の職種の平均賃金よりも低いことが分かりました。

 

ただし、待遇は求人によって様々です。平均賃金を大きく上回る語学学校もあります。

 

しかし、給与が高くなれば、その分求められる教師としてのレベルも高くなります。それゆえ、日本語教師として活躍しながら高い給与を貰うためには、専門性を高めることが必要になると考えます。