【経験者が語る】海外で日本語教師として働く方法【海外で働きたい方は必見】  

国内で日本語教師の需要は高まっていますが、海外でも日本語の需要はあります。

 

日本語教師を目指している方や、既に日本語教師として勤務されている方の中には、海外で勤務してみたいと考えている方もいるのではないでしょうか?

 

今回の記事は、海外で日本語教師として働いている私が、海外で日本語教師として働く方法について解説します。

海外で働くためには?

求人サイトを確認

インターネット上で、海外での求人情報を確認することができます。雇用形態としては、現地での直接雇用、日本法人と契約し海外に派遣される形態があります。

 

海外の法人との契約に不安がある方は、日本の法人と契約し、海外に派遣されることをお勧めします。

 

インターンシップに参加

資格を取ったばかりで、日本語教師として働くことに不安を感じている方や、海外での就職を目指す方はインターンシップに参加されることをおすすめします。

 

インターンシップに参加することで、海外の生活を体験することができます。海外で教師としての経験を積むために大いに役立つでしょう。

ボランティアに参加

海外で日本語教師になりたい方は、JICAの派遣に応募してはいかがでしょうか?JICAは労働ではなくボランティア教師として海外に派遣されます。

 

しかし、ボランティアですが毎月生活費が支給されます。また、居住地も用意してもらえます。ただし、日本語教育能力検定の資格は必要ですので注意してください。

海外で日本語教師で働くために資格が必要かどうか?

海外で働くためには資格があった方がいいでしょう。

 

現在ほとんどの国で、専門大学または大卒以上がなければ就労ビザを取得することができません。海外で日本語教師を目指すのであれば、専門大学または大学を卒業されることをおすすめします。

 

また、採用要件として日本語教育能力検定の資格や、日本語教師養成講座の修了を要件としているところも多いです。

ビザの取得方法

国内にある、自分が働く国の大使館で労働ビザを申請しましょう。ただし、雇用先がビザ取得を代行してくれる場合は、雇用先に任せることが可能です。

 

しかし、国によっては自分でビザを申請しなければならないところもあります。また、労働契約後にビザを申請したり、現地でビザを申請するなど、国によって申請順序が異なりますので、ビザの取得については雇用先に事前に確認しましょう。

まとめ

以上が、海外で日本語教師として働く方法になります。アジア圏では、日本語教師の需要が高く、海外で働けるチャンスは大いにあります。

 

また、海外で働く経験は国内に戻ったときにも大きく役に立ちます。海外で実績を積んだ教師を求める学校も多いのです。

 

海外での勤務は間違いなくあなたを成長させてくれます。興味がある方は、是非チャレンジしてください。