【現役日本語教師が語る】日本語教師の仕事のやりがい・魅力について

日本語教師の仕事は、外国人に対して日本語を教える仕事です。日本語が全く通じない方々を相手に日本語の授業を行うので、苦労は多い仕事です。

 

また、授業だけではなく、授業準備や生徒指導、カリキュラム作成など業務は多岐にわたります。日本語教師は大変な仕事と言えるでしょう。

 

しかし、大変な仕事ですが、やりがいや魅力は大きい仕事だと私は感じています。今回の記事では、現役日本語教師の私が、日本語教師のやりがい・魅力ついて解説します。

生徒の成長を感じられる

日本語の勉強をはじめたばかりの生徒は、もちろん日本語を話すことができません。しかし、授業の回数を重ねるうちに日本語力が向上していくのです。

 

生徒の成長を間近で見ることができるのは、教師にとって大きな喜びです。また、生徒の成長は教師にとって大きな成功体験となるでしょう。さらにより良い授業を目指して努力を重ねるモチベーションとなります。

海外で勤務ができる

日本語教師として活躍できる場は、日本だけではありません。海外で勤務をすることができます。海外で勤務することのメリットは、様々な文化に触れられるということです。

 

様々な文化に触れることで、海外の教育に足りないもの、日本の教育に足りないものが見えてきます。それぞれに足りない無いものを補うことができれば、どこにいても活躍できる日本語教師になれるのです。

 

また、海外で培った勤務経験は、国内で就職をする際に大きく役に立ちます。

仕事の形態を自由に選択できる

学校で日本語を教えるだけが日本語教師の仕事ではありません。最近ではインターネットを使って指導することや、個人で生徒に教えることができます。

 

また、自分で日本語教室を開講することもできます。自分のライフスタイルに合わせて、仕事の形態が選択できるのも日本語教師の魅力でしょう。

年齢制限が無い

最近海外で活躍されている日本語教師の方の中には、定年退職後に教師になった方も多くいます。また、海外での就職には年齢制限が無いところが多いです。

 

私が勤務している語学学校でも、50代の方が活躍されています。国内でもフリーランスで働けば、年齢は関係がありません。

まとめ

以上が日本語教師の仕事のやりがい、魅力になります。別の記事でご紹介しているのですが、現在日本語教師を取り巻く環境は厳しいです。

 

しかし、環境は厳しいですが、日本語教師として働く魅力は多くあります。また、国も日本語教育の環境改善に取り組んでいます。

 

魅力ある日本語教師を目指す人がこれから増えていくよう、待遇が改善されることを願います。